賛同人一覧(2015年4月26日現在)


(五十音順)

有田芳生(参議院議員)

石坂 啓(漫画家)

ECD(ラッパー)

石野雅之(差別反対東京アクション代表)

岩本太郎(フリーライター)

上野千鶴子(社会学者・東京大学名誉教授)

ATS(ラッパー)

神原 元(弁護士)

桜井信栄(南ソウル大学日本語科教授)

佐高 信(評論家)

辛 淑玉(のりこえねっと共同代表)

高橋直輝(男組元組長)

田中優子(法政大学総長)

中川敬(ミュージシャン/ソウル・フラワー・ユニオン)

中沢けい(作家)

松本昌次(影書房 編集者)

師岡康子(弁護士)

安田浩一(ジャーナリスト)

渡辺雅之(横浜国立大学/青山学院女子短期大学 教員)

わたなべりんたろう(映画監督)

賛同人一覧(2015年4月26日現在)” へのコメントが 4 点あります

  1. 開催おめでとうございます。
    多くのかたが言っておられるように「馬鹿はほっとけばそのうち……」という姿勢が今の由々しき事態に至ってしまったのだと痛感します。
    当地でも反差別の活動がなされていることは知っていて、自分でも出来ることをしたいと思っているのですがなかなかそこまでに至れない自分の”ヘタレ”加減に自己嫌悪しております。

    昨今のこの国のおける不寛容さにはほとほと嫌気がさしております。
    あまり体調がよくないのですが応援もかねて駆けつけたいです。

    • コメントありがとうございます。
      新宿区民ギャラリーでは、「現場に足を運ぶにはためらいがあるがパネル展なら」という来場者の方がいらっしゃいました。
      体調が優れないとのことで心配ですが、23日(日)24日(日)の二日間開催していますので、ご無理のない範囲で見学にいらしていただけたら嬉しいです。
      よろしくお願い致します。

  2. 初日の三時過ぎにお邪魔しました。
    どんな猛者の人たちがやっているんだろうと思っていましたら、皆さんとても柔らかい対応をされる人たちでこういうかたがたのほうがいざというときは……だよな、などと感じました。

    写真も実際に見てみると撮られた方の力量が感じられました。
    いろいろとお話も伺うことが出来て行ってよかったです。現場に出かけてみる気にもなりましたし。
    現場に参加するおりにはよろしくお願いします。

    • 体調が優れない中をご来場ありがとうございます。
      カウンターには様々な方が参加されていますが、殆どの方はやむにやまれぬ気持ちからカウンターに立ち上がった、ごく普通の市民ばかりだと思われます。今回のパネル展に携わったスタッフも普通の社会人ばかりです。
      抗議の声をあげたり、プラカードを掲げたりすることに抵抗があるようでしたら、ともかく一度現場に足を運んでみてはいかがでしょうか。その場でデモ隊やカウンターを見ているだけでも構いません。今回の札幌パネル展を主催したSAPPORO AGAINST RACISMのメンバーがその場にいるかも知れません。是非お声をおかけ下さい。そうして札幌で反ヘイトスピーチの輪が広がれば、こんなに嬉しいことはありません。

      展示した写真は、普段はプロの写真家・カメラマンとして活動しながら、カウンター現場には手弁当で参加・撮影する方たちの手によるものが殆どです。ネットではアップされていますが、力強いそれらの作品がネットだけでは勿体ないと思い、この問題を伝えるためにパネル展を企画しました。力量を感じていただいたとのこと、嬉しく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*