反差別パネル展「ヘイトスピーチ­­-闘う市民たち-」に、ソウル・フラワー・ユニオンの中川敬さんより賛同コメントをいただきました。


愚劣な排外主義者の差別煽動デモを看過せずに、カウンターとして
街頭で対峙するプロテスターたち。
過去の闇から残響する通奏低音を聞き逃さない者たちの姿は、ジレ
ンマ・ゾーンにある当節日本の一筋の光である。
我々は、人間尊厳を踏みにじるレイシズムを断じて許さない。
この反差別パネル展から、一人でも多くの人が、自分の感性に向き
合ってくれること、次なるアクションに向ってくれることを、心よ
り願っています。
NO PLACE FOR RACISM!

中川敬(ミュージシャン/ソウル・フラワー・ユニオン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*