反差別パネル展「ヘイトスピーチ-闘う市民たち-」来場者アンケートの結果


 

 

6月28日(土)29日(日)東京・三鷹市の国際基督教大学に「カルチュラル・タイフーン2014」に参加しての反差別パネル展「ヘイトスピーチ-闘う市民たち-」には、28日(土)102人、29日(日)202人、合計304人の方にご来場いだだきました。
2日目の29日(日)にアンケートを呼びかけたところ、202人中43人の方から回答をいただきました。その結果です。

(回答者の内訳は、おおよそですが、ツイッターを見て来た人が4割、「カルチュラル・タイフーン」のホームページで知った・通りかかったという人が4割、知人・友人にすすめられて・チラシを見て・その他の人が2割でした)

●「ヘイトスピーチ」という言葉を聞いたことがありますか?

「ある」43人 「ない」」0人

●「ヘイトスピーチ」という言葉の意味(「差別扇動表現」)を知っていましたか?

「知っていた」26人  「『憎悪』だと思っていた」9人  「『差別』だと思っていた」5人  「『差別・憎悪』」だと思っていた」1人  「全く知らなかった」1人  無回答1人

●「『在日特権』という言葉を聞いたことがありますか?

「ある」37人 「ない」6人

●「ヘイトスピーチは『表現の自由』の範疇だと思いますか?

「そう思う」  2人  「思わない」38人  「どちらともいえない」1人  無回答・不明 2人

●ヘイトスピーチ・デモ隊についてどう思いますか?

「寂しい人たちだ思う」「こういう人たちがいるのが許せない」「根本問題は貧困だと思う。いろんな解決策を重ねていかないといけないと思う」「どうして知らない人をそんなに罵倒して平気でいられるのかわからない」「論理的におかしいけれど、それなりに力がある困った人々」「ネットがなかった頃は、周りに外国人がいたらこんなことしなかったのかな、なんて考える」「今日見た限りでは、主張の中身がただの暴言。もっと論理的なら耳を傾けたい」「迷惑。ネットで細々とやっていて欲しい」「どうしてあのような言葉を口にできるのか理解できない」「あらめて映像を見て、信じられないと思った。どうしてあんなことをするのだろう」「とても恥ずかしい」「無知」「嫌。人の目に触れるところではしてはいけないもの」「何百何千の反差別の声で取り囲むべき」「悪魔の集団」「ひどすぎる。許せない」 「公正な社会を破壊する無責任な行為」「やめてほしい」「醜悪」「表現の自由の濫用。他者の権利への侵害」等々

●ヘイトスピーチ・デモに抗議する市民についてどう思いますか?

「抗議は成果を上げていると思うが、ちょっとこわい」「応援したい」「日本の良心だと思う」「私はキング牧師を尊敬しているが、このような市民の活動こそ差別をなくす手段だと信じている」「すごいと思う。他人事にしてはいけないけれど…」「抗議は良いが、たまに一見見ただけでは区別がつかない」「正当な行為(ヘイトへの抗議のみ)と思う」「個人的にはヘイトする側を相手にしたくない。感謝の気持ちとともに無力感も覚える」「俺も絶対シットインする」「希望」「社会をよくしようとする人が大勢いて嬉しい」「当然の抗議活動」「「必要ではあるけどけっこう限界があり、皆さん大変だと思う」「沈黙することは彼らの主張を認めることになる」「意思の表明をしていてすごいと思う」「本当は行政がやるべきことを一般市民に強いていると思う」「僕はデモ隊を見ても、彼らの目が血走っているのを見て何も出来なかった。勇気ある行動だと思う」「単に反対するだけじゃなく、自分がどんな立場で何を思うのかを考えてほしい」等々

●日本でヘイトスピーチ・デモがあることを知っていましたか?

「知っていた」42人 「知らなかった」1人

●自治体・警察について。デモの許可を出すべきだと思いますか?

「出すべき」4人 「出すべきではない」30人 「わからない」2人 「ケースバイケース」1人 「難しい。主張の内容で許可しないとなれば、逆に利用され政府に批判的なデモが許可されなくなりそう」1人 「『ヘイトスピーチ』でデモの申請をする人たちがいるだろうか。ヘイトに抗議する人たちのデモが規制されることがこわい」1人 「『ヘイト』の定義をきちんとしてほしい。『デモ禁止』はすごぐ複雑な問題なので」1人 無回答・不明3人

●その他感想がありましたらお願いします

「この活動とても大事だと思う。自分も参加していこいうと思う」「私の夫は中国人。こういうヘイトが起こってはいてもたってもいられない。友人たちは韓国の男性と結婚した子も多い。彼女たちも同等に傷ついているだろう」「在日コリアンで、ヘイトスピーチは朝鮮学校時代に経験したものの、東京では実際に見たことがない。今何が起こっているのか知ることができてよかった」「自分の出自とも関係する問題なので、以前から関心があった。次は運動にも参加してみようと思う」「写真、パネルで見るとやはり違う。こういう形で可視化・説明することは大切だと思う」「映像をまともに見たのは初めてで、絶句。吐き気がした」「居心地が悪くて困った…」「自分自身の行動の原動力になった。改めて人種差別に対する怒りが湧いた。絶対に許せない」「新宿のパネル展にも行く。まずは多くの人に知ってもらうことからだと思う」「在日韓国人。反差別の取り組みに勇気をもらった。カウンターの様な直接行動だけでなく、パネル展のような周知活動も重要だなと今日来て強く感じた」等々

その他、印象に残った写真についても回答をいただきました。

ご協力ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*