反差別パネル展「ヘイトスピーチ­­-闘う市民たち-」に、弁護士の師岡康子さんより賛同コメントをいただきました。

昨年來、全国で平均すると一日一回ペースで行われている排外主義デモ、差別街宣の実態がどのようなものか、パネル展に来て見てほしい。 そして、それがどれだけターゲットとされた人々を傷つけるのか、また、社会に差別と暴力をまき散ら Continue Reading →

影書房の編集者・松本昌次さんが反差別パネル展「ヘイトスピーチ­­-闘う市民たち-」の賛同人になって下さいました。

影書房の編集者・松本昌次反差別パネル展「ヘイトスピーチ­­-闘う市民たち-」の賛同人になって下さいました。 ※影書房は、 「脱原発で住みたい町をつくる宣言 首長篇」 「鳳仙花(ポンソナ)のうた」(李正子・著) 「棄てられ Continue Reading →

反差別パネル展「ヘイトスピーチ­­-闘う市民たち-」に、差別反対東京アクション代表の石野雅之さんより賛同コメントをいただきました。

僕が最初にカウンターに参加した日は昨年の6月30日、いわゆる「大久保公園大包囲」の日でした。それまでは仕事の忙しさを理由に現場に足を運ぶことを躊躇しており、当日も家を出るまで、心の中での葛藤が相当ありました。 でも、行っ Continue Reading →

反差別パネル展「ヘイトスピーチ­­-闘う市民たち-」に、漫画家の石坂啓さんより賛同コメントをいただきました。

  写真を見てあなたの感性を試してください。 ひどい、くやしい、恥ずかしい、 そして……ゆるせない。 何も知らない、何も感じないでいることは、 過ちに手を貸すことになりませんか。   石坂 啓(漫画家 Continue Reading →

社会学者の上野千鶴子さんが反差別パネル展「ヘイトスピーチ­­-闘う市民たち-」の賛同人になって下さいました。

社会学者の上野千鶴子さんが反差別パネル展「ヘイトスピーチ­­-闘う市民たち-」の賛同人になって下さいました。 また、上野千鶴子さんのおすすめにより、「ウィメンズ アクション ネットワーク(WAN)」のイベントカレンダーに Continue Reading →

反差別パネル展「ヘイトスピーチ­­-闘う市民たち-」に、フリーライターの岩本太郎さんより賛同コメントをいただきました。

「差別」って何だろう? 子供の頃から学校で先生から「差別はいけませんよ」と言われるたび、そう思っていた。つまり、それを実感のもとに学ぶ機会がなかったのだ。それを「幸か不幸か」だったかと問われたら、正直答えに窮する。なぜな Continue Reading →

反差別パネル展「ヘイトスピーチ­­-闘う市民たち-」に、参議院議員 有田芳生さんより賛同コメントをいただきました。

再び現場へ           「反差別パネル展」によせて                       有田芳生(参議院議員)  現場は限りなく豊かだ。  人間の認識が育まれるのは、そこにリアルなコミュニケーションが脈打 Continue Reading →

反差別パネル展「ヘイトスピーチ­­-闘う市民たち-」に、映画監督 わたなべりんたろうさんより賛同コメントをいただきました。

最近でも6/16発売の日本版ニューズウィークが排外主義の人種差別デモのカウンターを恣意的に貶める恥ずべき記事を掲載したように一般だけでなくメディアも日本ではこの問題への理解が浅い。 このパネル展を見て、歴史から学ばないこ Continue Reading →

のりこえねっとシンポジウム「ヘイトスピーチってなに? レイシズムってどんなこと?」に参加しました。

  6月11日、明治大学リバティタワーで行われた、のりこえねっとシンポジウム「ヘイトスピーチってなに? レイシズムってどんなこと?」に参加しました。 第1部は友好団体の活動報告として、C.R.A.C.・男組・女組・差別反 Continue Reading →

反差別パネル展「ヘイトスピーチ­­-闘う市民たち-」に、のりこえねっと共同代表 辛淑玉さんより賛同コメントをいただきました。

意思を持った女たち(自称)が街に出た。そりゃあ美しいだろう。 現場で会おうね。 ここには「美」と「愛」と「志」がある。化石男にわかるかなぁ。 のりこえねっと共同代表 辛淑玉